初詣で頂いた般若心経の紙の裏に、十善戒が書いてありました。
その中でも、目に付いた言葉。

不両舌戒

平たく言うと、正直に生きるべし、ということでしょうか。
昔の言葉には重みを感じます。

P1000839