2009年3月17日(火)に、東京大学主催で「特別シンポジウム〜食糧危機克服と環境再生への処方箋〜植物医師・植物医科学の最前線!」が開催されます。

------------------
地球上で毎年8億人分の食糧が作物の病気により、さらに、植物病により食糧の3分の1が失われています。 一方、食への関心が高まるにつれ、農業が見直され、家庭園芸を楽しむ人口も増加しています。 また、環境問題がクローズアップされるなか、都市緑化も脚光を浴びつつあります。 このため、食糧や環境の問題解決への処方箋として、植物を巡るあらゆる課題を扱う学問分野、「植物医科学」が、さらに「植物医師」が将来有望な職種として熱い視線を集めています。 東京大学では、「植物医師」養成が始まり、「植物病院」も開院しました。
今回は、植物医師・植物医科学の最前線を御紹介します。
------------------

私の恩師を中心に小宮山総長や各界で活躍されている方々が登壇されます。

ポスターは、こちら
お申込は、こちら

ちなみに、このシンポジウム、司会は私の予定です。
今から、とても楽しみにしています。