博士の哲学、というブログを始めました。出会った博士に研究哲学を色紙に書いてもらおう、という思いつきです。ぜひ見てみてください!

ーーーー
2010年10月に発表されたノーベル賞では、2人の日本人が化学賞を受賞しました。日本の科学技術が世界に認められたことはすばらしいことです。でも、突如としてメディアの脚光を浴びた研究者の優れた成果だけでなく、その人物像にも興味を惹かれた人は多かったのではないかと思います。

それなら科学技術の第一線で活躍する博士たちの研究哲学をアーカイブしてみたら、面白いんじゃないか。

そんなシンプルな思いつきからこのブログはうまれました。
 
1つの学問を究めた博士たちは、いったいどんな哲学を持っているのだろう?

ここに出てくる珠玉の言葉たちが、研究に悩む大学院生たちや、これから研究者を目指す大学生・高校生たちの道しるべとなれば、と願っています。

気に入った色紙があったら、ぜひ「拍手」ボタンを押してくださいね!みなさんがどんな哲学に共感するのか、にも実は興味があったりします。

高橋修一郎