6月1日から新たなリバネス研究費の公募を開始しました。
コツコツとパートナー企業を増やしながら、第12回まで迎えることができました。
協力いただいている企業の方、申請を出してくれる研究者の皆さん、本当にありがとうございます。感謝。 

第12回リバネス研究費のご紹介、第1弾は「アフィメトリクス・ジャパン賞」 。
詳細は、こちらをご覧ください! 

■対象
マイクロアレイを用いた遺伝子発現解析およびmiRNA解析による疾患などの研究や、植物・畜産・アグリバイオ研究など

■採択件数

2

応募締切
2012年7月31日(火)到着分まで



助成内容
GeneAtlas Systemの2か月無償貸与(貸出時期や期間に関しては応相談)
ヒト、マウス、ラットおよびモデル生物発現解析アレイストリップの中から、2ストリップ(8アレイ)とそれに対応する試薬キットおよび研究費上限30万円



担当者よりひとこと
GeneAtlas Systemは、マイクロアレイが初めての方でも、簡単な操作で発現解析が行えるように設計されたマイクロアレイシステムです。半自動化によりハンズオン時間を最小限にすると同時に、アーティフィシャルなエラーを避けることができます。またアレイストリップは、マイクロアレイのゴールドスタンダードであるGeneChipカートリッジアレイと同じ合成技術で製造されており、実績に裏付けられた再現性の高いデータを得ることができます。対応する生物種はヒト・マウス・ラットの他に、シロイヌナズナ、タルウマゴヤシ、ダイズ、ウシ、ウマ、ヒツジ、イヌ、ネコ、マーモセット、カニクイザル、カニクイザル+アカゲザル、アカゲザル、ゼブラフィッシュ、コメ(3種)、ブタ、キンカチョウの全21種です。またv17に対応するmiRNA 3.0も間もなく発売されます。