毎年、夏前になると(別に海に行くわけでもないのに)体を鍛えたくなる。
今年も例年通り、6月になったころから、体を動かし始めた。

思えば、大学に入った頃から、身長は変わらないのに、体重は10キロ以上増加している。
言うまでもなく、運動不足と食生活の乱れが原因だろう。昔から健康には少々自信があったわけだけど、このまま生活を改善せずに続けると、不健康になるのは自明だ。昔体を鍛えていたというパターンが一番危険だ、という話も聞く。
この機会に不摂生も改めて、今一度、健康体を取り戻すのは大切なことかもしれない。
そんなわけで、今年は、運動するだけではなくて、あわせて体重も落とそうと思い立った。

ただ、だからといってそのためにジムにいったりトレーナーを付けたりして、時間やお金をかけるつもりもあまりなくて、まずは手っ取り早く食生活を改善し、自宅で筋トレをすることにした。
大好きだったポテトフライと、ラーメンと、ビール(正直に言うと発泡酒)を(ほぼ)止めて、カロリーもできるだけ摂取しない。食物繊維は取りつつも、その他の炭水化物はなるべく取らない。(カロリーや炭水化物を摂らないのが体に良いわけではないのは言うまでもないけど、シンプルにわかりやすいのは継続していくときには大切だと思っている)。食べない分の栄養の偏りは、(姿勢としてはあまり好きではないけど)マルチビタミンとマルチミネラルのサプリで補う。NatureMadeのネイチャーメイド マルチビタミン&ミネラルってやつ。粒がでかくて飲むときに向きを間違えると、喉がひっかかれて痛い。そして、帰宅後、寝る前に筋トレ。腹筋100、腕立て30、首100、足200ずつ。数のバランス悪いけど、今の筋肉の感じを見ると、これが適切な負荷。あと、柔軟を入念に。
ちなみに、食物繊維の摂取源は、ケロッグのオールブランオリジナルを朝食で。まずいとかの評判をちらほら見るけど、、正直、僕にはうまい。味覚音痴で普段笑われているけど、それがここで活かされた(グルメは弱み、だと個人的には思っている)。朝食はすべてこれに切り替えた。あとは、激しい筋トレの後には、ザバスのホエイプロテイン100。これは、効いているのか実感はないけど、満腹感はある。甘いモノが苦手な自分としては、ココア味にしたのがちょっと失敗。

これを愚直に一月続けたら、、、体重は12キロ減。体脂肪も5%以上改善した。ベルトの穴は、3つ内側に入り、スーツのウエストサイズは6センチ小さいのを新調した(もう着れない、と思って先日昔のスーツを捨ててしまったのが悔やまれる)。 先週の健康診断では、胴囲も70センチ台になって、無事、脱メタボ。
筋肉量や骨の量、基礎代謝は特に変わっていない。体年齢(って、そもそもなんだ?)も、5歳くらい改善して20代に。我ながらすばらしい。

ちなみに、そのへんの数字は、体重が半分くらい落ちたところで、体組成計を新調して(タニタ製のインナースキャン BC-569というモデル。とてもとても気に入っている)毎日、計測している。5年以上前に買ったカラダスキャン( 体重測定以外は壊れている)と比較して、ちょっと軽めに体重が出るような気がするけど、まぁ、誤差範囲だろう。スイッチすら押さずに乗るだけでいいというのはやはり楽だ。SDカード使ってデータをPCで管理できるのも、良い。


短期間だけど、集中して体のいろいろをやってみて再認識したこと。
体を意識すると、体は応える。
そして、心も体も健康になる。
肩こりが改善して、頭痛も改善して、体が軽くなった。
集中力もさらに上がった。これは、仕事にも、良い影響だ。

ただ、ひとつ課題がある。
これは、以前マラソンに凝っていたときにも感じたことだけど、鍛えれば鍛えるほど体が強くなるので、トレーニングにかかる時間が長くなってしまう。時間コストがどんどんあがる。

効率のよいトレーニングについて、一度徹底的に調べてみようか。
そういえば、加圧トレーニングがよい、という話をあちこちのサイエンティストから聞くけど、実際どうなんだろう。