少し間が空いてしまいましたが、昨年末の12月22日に教育CSRシンポジウムを実施しました。
このシンポジウムは、産業界と教育界を科学教育活動でつないているリバネスが6年前から実施しているシンポジウムで、今年は新たに教育CSR大賞という取り組みにもチャレンジしました。

23社の教育プログラムが一同に会し、教育関係の方々の1500の声を集めて、大賞・部門賞を決定しました。

当日の動画はこちら。
http://fv1.jp/mvnews/?p=1179

教育CSRシンポジウム実施報告はこちら。
http://www.kyouikuouen.com/2012/12/csrsymporeport/
教育CSR大賞結果はこちら。
http://www.kyouikuouen.com/award2012/csraward2012report/

教育CSR大賞は、教育応援企業100社とともに進めているこの教育活動に対して、現場の先生方から生のフィードバックをいただけたらという希望をもって企画しました。結果として本当にたくさんの方々から建設的なご意見をいただき、学ぶことも多くありました。ご協力いただきました皆様、本当にありがとうございました。

6年前にこのシンポジウムを開始したころは、学校へ訪問して科学教育プログラムを実施するということ自体がチャレンジでした。コツコツとひとつひとつの教室を大切に実施してきましたが、今回このような形で成果を報告することができました。ただただ感謝です。

リバネスは、来年も再来年もずっと教育活動を続けていきます。 
ひとりでも多くの子どもたちに、一社でも多くの会社の科学技術を届けるために、2013年も突き進みます。

本年もよろしくお願いいたします。

高橋修一郎