incu-beの取材で、東京農工大学の千葉教授にお話を伺ってきた。
千葉教授とは、霞が関的な会議でお会いしたり、大学院生のキャリアに関する仕事をご一緒させていただいたしりで、何年も前からご一緒することがあったのだけど、じっくり腰を据えてお話を伺くのは今回が初めてでした。

もともとは企業に就職し、何を感じ、今大学で教鞭をとっているのか、先生の熱いメッセージから感じいることが多々ありました。
インタビューした記事は、9月1日発刊の次号のインキュビーで掲載予定なので楽しみにしていてください!

8340_638987386112406_1656385750_n
 
ところで、農工大のこの景色を見るたびに、学生時代に植物病理学会の部会に参加した時、ここでありえないくらい蚊に刺されたことをトラウマのように思い出す。このキャンパスは本当に自然が豊かで、前回来た時にはヘビが道路を渡っていてびっくりした。一緒にいた徳江博士(フィールドワーカー)は、タイのようだといって喜んでいたけれど。