リバネスは、12年前の創業以来ずっと科学をわかりやすく伝える活動を軸に事業を展開してきました。
アカデミアで昨今叫ばれているアウトリーチ活動は、一般向けに科学を伝えるだけでなく、伝えるプロセスに関わった研究者自身が大きく成長できる活動だと思います。
私自身も大学院生時代に、出前教室や文章を書くことを通じて、若手の科学者が噛み砕いて伝えるスキルを身につけました。

そんな意欲ある若者にはもってこいの研究費がディスカヴァー・トゥエンティワンさんから。
第18回リバネス研究費 ディスカヴァー・トゥエンティワン賞」へぜひアプライをお願いします!

d21_grant

募集分野
自然科学の全分野

対象者
一般向け書籍を通じて、自身の研究テーマについて 発信していきたいと考えている若手~中堅研究者(大学院生はもちろん、学部生も歓迎!)

採択件数
若干名
※2013年は大賞1名(研究費+執筆支援)、奨励賞2 名(執筆支援)の採択となりました。

助成内容
研究費上限50万円 + 打ち合わせや助言、リライトなど書籍の執筆支援
※研究費を充てる研究テーマが、書籍の企画内容のメインである必要はありません。
※他機関からすでに助成を受けているテーマでも、当該機関の規約に反しない限り、問題ありません。

応募締切
2014年3月31日(月)24時まで
※申請の際に、研究内容の紹介とともに出版企画書を提出していただきます。

URL
研究費特設サイトオープン中
前回の審査、執筆活動については特設サイトをご覧ください。前回の採択者3名が書籍化目指して執筆中です。

担当者より一言
私達は、この賞を「研究者と読者とをつなぐ プラットフォーム」であると位置づけ、この賞を研究者と一般読者が交流し、文化を築く場にしていきたいと願っています。サイエンスのおもしろさを届けたいと考えている方のご応募、お待ちしております。