リバネス代表取締役社長COO高橋修一郎のブログ

株式会社リバネス代表取締役社長COO高橋修一郎(@shuichiro_lvns)の日々徒然

リバネス代表取締役社長COO高橋修一郎のブログ イメージ画像

リバネス

リバネス研究費も18回目ですが、少しずつ若手研究者の一歩踏み出すための選択肢として認知され始めたのを実感しています。これからも、一人でも多くのアクティブな若手研究者の未来を応援したいと思っています。というわけで、12月1日にオープンにした新たな研究費のひとつ、
『【研究助成】蛍光試薬での細胞観察をこれから始める方へ!』の画像

今年で7回目となる教育CSRシンポジウムを12月1日に開催しました。毎年少しずつ新しい事例を積み上げて、教育現場や企業のCSRや人事の担当者の方々や経営者へ情報共有しディスカッションをしてきましたが、2012年からは新たに教育CSR大賞を設置し、より学校と企業のコミュニケ
『教育CSRシンポジウムを終えて。』の画像

昨日は、数ヶ月にわたり北海道大学からインターンに来ていた田中君の最終日。終業後、本社の下にあるリバネスカフェ&ダイニングで送別会を行った。彼と初めて会ったのは、僕が北海道大学のイベントに講演者で呼ばれた時。講演後のポスターセッションで、面白そうなやつだな
『北海道大学の田中君インターン終了、そしてイギリスから新人入社。』の画像

これまでの人生を振り返ると、大学時代はとにかくお酒を飲んだ。特に学部時代はひどかった。茶道部の仲間と一緒に、朝まで飲み続けてそのまま部室で寝てしまうということも日常茶飯事だった。幸い、先輩に飲まされるという文化ではなくて、それぞれが勝手に飲んでひっくり返
『大学生のためのお酒NAVI 知識とコツが身につく飲み方講座を東大で開催します』の画像

ようやくリバネスの新拠点である飯田橋のI2Kが完成間近です。お披露目も兼ねて27日は様々なイベントが開催されます。バイオ系のラボはすでにフル稼働です。 
『I2K、完成間近。オープンイベントは27日。』の画像

もう2年以上も前の話になるのだけど、名刺ケースを使ってDNAアガロースゲル電気泳動槽を自作しました。教育現場でも気軽に使える、安価な電気泳動槽を作るために少しアイデアを出して作ってみました。その時の記事が、今でも検索エンジンにかかるのか、結構アクセスが多いみ
『【再掲】DNAアガロースゲル電気泳動槽を自作する方法。』の画像

リバネスという会社が始まって11年半。多くの方の共感・ご支援と枯れない情熱、少しばかりの苦労の結果、会社は少しずつ成長してきました。今、リバネスの常勤スタッフは約50名、相変わらずバックオフィスを除く全員が理工系修士博士で進んでいます。リバネスは「知識製造業
『リバネスは、次期大量採用を企てています。』の画像

ついに第17回のリバネス研究費が発表されました。若手研究者の支援を目的として始めたこの取り組みも、いよいよ採択者100名に向けてカウントダウンです。最近では、成果が取り上げられることも少しずつ増えてきて、運営者としてはうれしい限りです。■リバネス研究費の成果の
『第17回リバネス研究費を開始しました。今回は3つの賞。』の画像

リバネスが発刊する中高生のための科学雑誌「someone」の最新号が届きました。今回の見所は、、、読んでのお楽しみです。(僕も今から読みます!)個人的には、法政大学で教えていた学生が、大学院生になってsomeoneの制作者になっていることがとてもうれしい。こうやって、
『中高生のための科学雑誌「someone」最新号、完成!』の画像

リバネスは、東京都新宿区の四ツ谷にメインのオフィスがあるのだけれど、会社から無理すれば歩けるくらいの距離のところに、TEPIA館という科学館がある。恥ずかしながら、最近その存在を知ったので、さっそく覗きにいってみた。面積はそんなに広くはないのだけど、私たちの生
『TEPIA館に行ってきた。』の画像

↑このページのトップヘ